• "Make a Deep Breath"

    自由で豊かなインテリアを提案しています。

03_liv with Fish /インテリアが優しい戸建てリフォーム

@ setagaya , tokyo [ reform / housethm  ]
自分好みにアレンジを加えて、和風の戸建てを洋風にカスタマイズ

リフォーム事例解説

6畳だけど、毎日楽しい空間

東京世田谷区にあるこの住まいは、一軒家の借家。
最終的に住み終えた後は取り壊すので、好きに内装をしていいと言われていたそうです。
2階建てで、立地を気に入った施主夫婦は、いづれ新築で家を建てる予定。とはいえ、5年後、10年後の話。そこで、予算を抑えつつ、楽しい空間に住むためにふさわしい提案がほしいとのことでした。



鴨居を取り外して、洋風に

一階は6畳の和室。畳が好きということで、そのまま畳は残し、一方で日本建築特有の“鴨居(かもい)”を取り外しました。

砂壁の上からボードを張り、クロスを施すことで洋風にリフォームアレンジを加えました。

輸入壁紙、壁色をブルーでシックにまとめたお部屋です。海が好きで、家の中でも海を感じたいということで、このコーディネートになりました。水槽の魚達も嬉しそうです。





[物件情報]
場所:東京都世田谷区
築年:37年
施主:30代夫婦・デザイナー・クラフト作家
対象のべ面積:約38㎡
施工形態:修繕、リフォーム

2人で楽しめる空間コーディネート

6畳の2階。部屋は1階のリビングと合わせてこれだけです。
なかなか狭いですね。食事以外の生活要素を2階につめ込まなければなりませんでした。

奥様が普段、手芸作成の作業をするため、デスクが必要でした。ただでさえ、普通だとベッドを置いたらもう他にものが置けない為、作業台をベッドボードと合わせることで、狭いスペースを有効活用しました。

布団がつかえるオーダーベッド

使っていた敷布団をそのままつかえるオーダーベッド。高さがあり、下は全面収納に。
パイン材とスギ板で予算を抑えて作っています。

[施工箇所]

<リビング>
・鴨居撤去、砂壁の上からボード張込
・壁紙の色の変更(塗装)
・障子の壁紙を変更
・照明を変更
・家具をコーディネート

施工が終わって

わずか2部屋で、ワンフロア20平米にも満たない狭い住まいですが、ご夫妻それぞれにご意見頂き、今の日本らしい、コンパクトな住まいが提案できたかと思います。いずれ新居を構えるとはいっても、今の生活を大切にされ、毎日を豊かに楽しむために リフォームするというスタンスは、とても素敵だと思いました。

- インテリアコーディネート:M&Dassociates. 代表石原
- 施工:山岸建設