• "Make a Deep Breath"

    自由で豊かなインテリアを提案しています。

民泊向けリノベーション/ さっぱりとした和モダンのデザイン


@ 中野区 , 東京 [ リノベーション / マンション ]
限られた予算を有効に活用してリノベーション。
転売しやすいように間取りにも工夫を

リノベーション事例解説



低価格でもこだわる民泊リノベーション

これだけのボロボロの和室を、給排水管の引き直しから設備を刷新して、デザインまでこだわるのは結構大変な作業です。当然予算は限られています(賃貸・投資対象であるため)。

そこでクライアントの不動産会社とデザイナーとの間でのしっかりとした意思疎通が大切となってきます。

「ここは抑えて、逆にここはこだわろう」。それぞれのバランスをとりながら、進めてゆきました。

外人に受けもよく、再販にも対応できるように

費用をかけてリフォームする以上、多角的に検討を進める必要があります。

今回の場合は、現状としては35m2のこの空間を、できる限り一つなぎの大きな空間として利用できることを優先し、後々は間仕切りを設定して部屋を区切ることができるように想定しています。

オーダーキッチンで逆にコストカット

カウンターを想定した広めのもので、メーカー品では予算が合わないため造作で作成することになりました。ここでも、メーカーの商品を必要箇所で上手く取り入れてバランスを取っています。

コテコテじゃなくさらっと日本の良さを表現しました

よくあるコテコテの和風でなく、日本の方が泊まるうえでも目新しいような、柔らかくもエッジの効いたデザインを取り入れました。

[物件情報]
場所:東京都中野区
クライアント:不動産会社
対象のべ面積:約35㎡
築年:35年
構造:S造
施工形態:デザイナーズリノベーション

トイレにもさりげない和を

便座が持ち上げられてメンテナンス性の良いリクシルの節水トイレ「アメージュ」。写真はその商品の裏品番の「ベーシア」という商品。前者よりもお安く入れることができます。

最安のユニットバスにもデザインを

一番安いユニットバスへ交換したのですが、それだけでは簡素なものになるので、写真のようにオリジナルのデザインパネルを貼ってます。

画像では切り替わっていませんが、シャワーハンドルも金属調で多機能なものに数千円で変えられるのでおすすめです。

浴室横には洗濯機を。このスペースはもともと押入れだったスペースに排水を通し、有効活用しています。

CGで確認しながらプランニング

多くの方が悩むのは「完成形が想像しづらい」こと。M&Dでは、契約前に無料である程度のCGを起こし、見積りと合わせて進めてゆくので、予算に合わせてなにが出来るのか、どこを削ったら良いのかが一目瞭然です。
今回も不動産屋さんとイメージを固めながら進めました。

[施工箇所]

・ハーフスケルトン(壁残し)
・配管交換、壁床張替え
・複合フローリング
・デザインコーディネート
・ライティングレール新設

<キッチン>
・オリジナルオーダーキッチン

<サニタリー>
・風呂交換(ユニットタイプ)
・トイレ交換《リクシル:ベーシア)
・シンク新設

トータルコーディネートでデザイナーズ民泊リノベ

家具や小物のテイストを合わせてコーディネート。小物のアレンジを加えてゆくことで、全体に統一感を出しています。

派手さはないけれども落ち着きのある今風のインテリアに仕上げました。

施工が終わって

民泊はこれから注目されてゆく分野で、各業者様手探りとは思います。立地や用途をしっかりと捉えて、予算とデザインに落とし込むことが肝要です。

- インテリアコーディネート:M&Dassociates. 代表石原
- 施工:軽部工務店(宇奈根)ほか - 物件仲介:非公開