• "Make a Deep Breath"

    自由で豊かなインテリアを提案しています。

デザインと間取りのアイデア

-金額を抑えながら、デザインリノベ

ポイントは "バランスのよい" コーディネート

"間取り/デザイン/コスト"。それぞれ重要な要素です。
すべてを取り入れるには、バランスの良いプランニングが重要です。勿論、予算を無理する必要はありません。


-例えば、あるリノベーションを提案したマンションの間取り...


■スケルトンの場合、どこから手を付けたら良いか...

​​​-自分の「憧れる生活」は何なのか?​

意外と重要なのが、どんな生活がしたいのか、想いを描くこと。

『ホテルのような暮らしがしたい』
『植物に囲まれたい』
『10年後には誰かに貸せるように…』
など、どんな景色が見てみたいのかをじっくり考えること。
分かっているようで、意外とぼんやりとしているときには旦那さんと話したり、
勿論、インテリアコーディネーターに相談してみるのも◎

-右の部屋はリノベーションを想定した部屋​

スケルトンであった築古のマンションを、今風にリノベーション。

​​​-主婦目線で、家庭の行動を予想。​ キッチンはまずI型を検討してみる​

リノベーション価格を抑えるには、まず配置する什器の単価を抑えることが必要です。

たとえばキッチン。
キッチンの形が複雑になるほど、価格は上がります。

M&Dでもお勧めしているように、基本的に一番お手頃な価格である”壁付けキッチン”で間取りをまず考えてみます。

仮にアイランドキッチンがいい場合でも、壁付けキッチンをカスタマイズしてアイランドキッチンとして価格を抑え、デザインを叶えるリノベもできます。

■間取りにアイデアをめいっぱい詰め込もう!〜例えば70㎡の中古マンションでは…


​​​-玄関は今風に「部屋と繋げて」広く使う

寝室とつながる玄関のウォークインクローゼットは、旅行や外出の多い夫婦にも嬉しい仕様で、大切な靴も広々収納できるように。

廊下を挟んで、ドアを開け放てば、バスルームがホテルのようにひとつなぎの空間として演出されます。

​​​-収納はしっかりと。生活の中心に​

納戸がしっかりとあるので収納もバッチリ。
住まいの中心にあるので、部屋に物を置かなくて済むスタイリッシュな住まいを実践できます。

70㎡では、広めのリビングと子供部屋の両立が難しい…。

リノベーションではキッチンがあまり自由に動かせないのが実情。それは床下に配管が通っていて、その取り回しの関係で制約があるため。

また、子供部屋を設けようとしたときに、成長したときのプライバシーのことも考えて、夫婦の寝室からは離してあげたいという要望もリビングにはある。

リビングに複数の要求を叶えるため、あえてリビングを区切り、寝室から遠いキッチン横の窓側に部屋を作ることで、キッチンをそのままにLDの広がりも叶えつつ、子供が大きくなってもプライバシーのある空間を提案しました。 窓辺の玄関から一番遠い部屋は、旦那のワークスペースにしたり、扉をキッチン側につければ、子供が小さいころは子守りの部屋としても使用できそうですね。

-M&Dのプランニング

数年後、振り返ったときに、「思い出」も輝いているように。

できあがるお部屋と同じくらいに、プランナーとのやりとりが楽しくて、リフォームやリノベを組み立ててゆく時間が楽しかったと思えることは、実はとても大切だと思います。
振り返ったときに「いい体験ができた」と感じてもらえるように、わたしたちは住宅トレンドを常に勉強し、素材や壁紙に関してお客様の想像を超える提案を目指しています。


Design Idea Image

※これらのイメージは、提案段階のものです。詳細情報をご希望の方はcontactよりお問い合わせください。