安くリフォームを行いたいという方に私が是非知っておいていただきたいこと

巨大なリフォーム市場に対して、小さな小さな私どものようなリフォーム会社ができることは何か。ご提供する商品の価格、プランニング費用について私どもはまず、正直でありたいと第一に思っています。

相見積もりが当たり前の昨今

私どもではお客様が見て “何に費用がかかっているのか” を明確にする使命があると考えております。相見積もりでパッと見他社様が安いからという理由や、価格の不明瞭な点でせっかく出会えたお客様のお仕事をさせていただけないことは本意ではございません。

価格競争を超えて、お客様がリフォームに集中するために

そこでキッチンをはじめとした独立設備商品に関しては、市場の最安値を随時確認し、市場の一般的な価格にできる限り近い金額、場合によっては市場価格よりも安い金額でご提案させて頂く意向です*1。

またある商材ではこのように価格競争を諦めて最安値で提供する一方、納まりやプランニングが必要なものに関しては、私どもの付加価値として利益をのせさせてお仕事をさせていただければと考えております。

諸経費という表示はなるべく使いたくありません。

内容が不明瞭な『諸経費』という呼び方はできる限り避け、材料費、工事工賃費用を『工事小計』とし、一般的に諸経費にあたる『販売・現場管理費用』や『利益相当費用』を明確に分け、どこに利益が乗っているのか、何を削れば他にコストを回すことができるのかを、最もわかりやすく提示しております。

これによって、お客様におかれましても、積極的、主体的なプランニングへの参加、ご一緒にリフォームをよりお客様ののぞむプランへと詰めてゆくことが可能となっております。

安い高いで判断することには慎重な立場で在りたいです。

いかに安くできてもアフターフォローが蔑ろであったり、納まりが良くなかったら、もとも子もありません。どこを削って行けるか、どんな判断をしたらより良いリフォームを実現できるかはプロにお任せください。無論コストバランスの監修に関しても同じです。

お客様の望むプランを、ご予算でどこまで高められるかということが一番重要です。

私どもはデザインリフォームをサービスの基軸とさせて頂いておりますゆえ、工務店や直販サイトなどに比べると総額が高くなってしまうことは否定できません。ただし安く提供している会社には当然できない、お客様の想像を超えたデザイン、素材選定、サービス対応を提供しておりますことに自信を持っております。

良質で付加価値の高い、私どもにしかできないデザインリフォームを提供してゆきたいと日々心に思います。

2020年某日 代表 石原和拓

]]>